キトサンが花粉症に効くそうですがどういった作用があるのですか?免疫機能を正常化し辛い花粉症の症状を緩和することができるキトサン

人間の体にある防衛機能は、敵だと見なした侵入者を排除しようと働くことで健康を保ってくれています。ですが、これが過剰防衛になってしまうと、無害なものに対しても攻撃を仕掛けてしまい、病気の原因となる場合もあります。これがアレルギーで、花粉症も害のない花粉に対して体の免疫が働くこと起こります。

■アレルギー反応を軽減できるキトサン
花粉症というのは花粉に対してIgE抗体と言われている抗体を作ることで起こるものです。この抗体は花粉が体の中に入ってくるごとに作られて、だんだんと蓄積していってしまうもので、これが花粉と結びついて一定量越えてしまうと体外に排出しようと働きます。それがくしゃみや鼻水、湿疹やかゆみといったアレルギー反応です。

キトサンが花粉症に効くそうですがどういった作用があるのですか?免疫機能を正常化し辛い花粉症の症状を緩和することができるキトサン

キトサンは体にとって有害であるものを吸着して排出させる特性を持っていて、同時にアレルギー反応による辛い症状を抑えてくれる働きをしてくれます。薬にだけ頼らずに意識してキトサンサプリメントを摂取することで、花粉症の症状の緩和を期待することができるのです。

コマーシャル・カニから高分子 http://kanikara.jp/

■免疫を司る腸を綺麗にする
キトサンは食物繊維です。摂取することで腸の中に溜まっている便と老廃物を排出させて、腸内環境を整えてくれます。人間の腸というのは免疫の7割も司っている大切な器官で、腸を綺麗にしていないと免疫が正常に働かず、外敵に対する反応が過剰になってしまうことがあります。無害な花粉に対して攻撃を仕掛けてしまう原因にもなるのです。

キトサンの摂取で腸を綺麗にすることで免疫機能に冷静さを取り戻させ、花粉への反応を沈めることができます。これが、キトサンが花粉症に効くといわれている所以の一つです。

■抗菌作用も含まれる
キトサンはエビやカニの殻などを元に作られていて、殻に含まれている成分は微生物とウイルスの繁殖を防ぐ抗菌効果を持っています。この抗菌作用が花粉症の症状にも効果があると言われていて、とくに皮膚炎の炎症予防には大きな影響を与えるとされています。

花粉症を発症することでいつも使っているスキンケア製品で痒みを生じてしまったり、かぶれや湿疹などができやすくなったりと肌が敏感になってしまう人も少なくありません。キトサンサプリの摂取でこういった皮膚の症状を緩和することが可能です。

キトサンサプリは花粉症に対して予防と症状緩和が期待できます。薬と上手に使い分けながら取り入れていくのがおすすめです。

公開日:
最終更新日:2018/05/28